トップ > プライベートセミナー

コリン・アングル プライベートセミナー

ロボット研究に取組む学生の方へ アイロボット社・CEOコリンアングルが来日! 特別セミナーを開催します。

世界のロボット産業をリードする米国アイロボット社。
「Dull , Dirty , Dangerous(退屈、不衛生、危険)な仕事から人々を解放する」という理念のもとに、家庭用ロボットとして世界中で大ヒットの「ルンバ」をはじめ、数々のロボットを開発し、人々の生活に貢献してきました。

今や、世界的規模の企業となったアイロボット社の創立メンバーの一人でもあり現CEOコリン・アングルが来日。
ロボット開発秘話や、これからのロボット産業についての講演後、学生の皆様と対話式講義を行います。
ロボット研究において、同じ思想を持つ明治大学理工学部・黒田 洋司教授にもご登場いただき、コリン・アングルと皆様とのディスカッションをサポートいただきます。
ロボット研究に取組む学生の方、ぜひこの機会に参加してみませんか。
皆様のご参加をお待ちしています。


セミナー概要

場所 明治大学 生田キャンパス AV ホール
日時 2014年2月19日(水) 16:00〜17:30 ※15:30 受付開始
お申込締切 2014年2月16日(日)まで
受講料 無料 ※入場時に身分証明書を確認させていただきます。
定員 先着280名様 ※定員を超えた場合は、締め切らせていただきます。
プログラム 16:00〜16:10 主催者挨拶:明治大学理工学部 学部長 荒川 利治
講演者紹介:明治大学理工学部 教授 黒田 洋司
16:10〜16:30 アイロボット社 CEO コリン・アングル
「これからのロボット産業を担う君たちへ」
〜世界のロボット産業 先駆者・第一人者 コリン・アングルからのメッセージ〜
16:30〜17:30 対話式講義

ご応募はこちら

ページトップへ戻る


登壇者プロフィール

コリン・アングル Colin Angleアイロボット社創設者、
CEO(最高経営責任者)
1990年、同じMIT(マサチューセッツ工科大学)人口知能研究室出身の、ロドニー・ブルックス、ヘレン・グレイナーと共にアイロボット社を設立。1997年には、コリン・アングルと彼のチームがNASAの依頼により火星探査ロボットをデザイン。その功績により、“NASA GROUP Achievement Award”を受賞。
その後、アイロボット社は家庭用ロボットと政府用ロボットという成長し続けるロボット産業において、「ルンバ」「パックボット」など、数々の実用的なロボットを生み出し、大ヒット。世界規模の企業へと成長した。コリン・アングルの斬新なアイデアやリーダーシップは、アイロボット社の成長に多大な貢献をしたとし、多数の専門的な賞を受賞。ロボット業界の専門家として、テレビ・雑誌などにも多く出演。
アイロボット社の設立以来20年以上、ロボット産業界をリードし続ける第一人者であり、これからもチャレンジを続ける開拓者として評価されている。
黒田 洋司 Yoji Kuroda明治大学理工学部機械工学科専任教授、
宇宙航空研究開発機構【JAXA】宇宙科学研究所共同研究員、
JAXAはやぶさ2プロジェクト、小惑星探査ロボット「ミネルバ2」開発メンバー
1989年横浜国立大学工学部船舶海洋工学科卒業、1994年東京大学大学院工学系研究科 船舶海工学専攻博士課程後期終了、博士(工学)。海洋ロボットを研究する。その際、最先端のロボット研究を進めていたMIT(マサチューセッツ工科大学)を訪れ、より深いロボット研究を志す。1995年より明治大学専任講師。1996年より東京大学生産技術研究所研究員。1997年よりJAXA MUSES-C(はやぶさ)プロジェクトに参加、小惑星探査ロボット「ミネルバ」開発検討メンバーとなる。
2004-2005年にはマサチューセッツ工科大学客員准教授を務め、2013年より明治大学理工学部機械工学科専任教授。福島原発内部を調査した無人調査船の開発を担当。
現在は「はやぶさ2」搭載の「ミネルバ2」の開発を行っている。
今後、日本のロボット研究の中心を担っていく一人である。

【お問い合せ先】セールス・オンデマンド(株) 明治大学特別講演会事務局  E-mail : event@salesondemand.co.jp

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る